" />

土木を知る 土木全般

現場監督の仕事内容って!?一級土木施工管理技士が解説

2021年2月2日

 

こんにちは!土木ブロガーの監督やっくんです。

土木の現場監督の仕事内容って何をやるんだろう?
新人さん
やっくん
現場監督は原価や工程と安全そして品質を管理して仕事内容は多岐にわたるよ!

 

現場監督を目指してる方や興味ある方

監督の仕事内容や仕事の大変さを紹介します。

 

この記事を読むメリット

現場監督の仕事内容と大変さが分かる

現場監督とは

現場監督とは、工事現場を監督する仕事です。

現場を監督するというのは、原価や工程と安全そして品質を管理します。

簡単に例を出すと道路の工事なら砕石が必要なるので、砕石を頼むわけですが、その砕石が予算内の範囲で買い(原価)、現場の使用時期に届くように配慮して(工程)、届いたら各職人さんが安全に作業できるように安全を確保し(安全)、設計図書の通りかチェックする(品質)、というような内容です。

施工管理とは

施工を管理するのに、資格なくてもできる仕事なので、経験無しの方でも施工の管理の仕事に携わることは可能です。

ただし、いづれか、施工の管理の仕事として働きたい場合、管理の技術を証明できる資格で「土木施工管理技士」を取得するのがおすすめです。

経験無しから工事の現場で実務を経験すると、土木施工管理技士の受験の資格が得れます。

仕事の内容や仕事の大変さ

では、現場監督の具体的な仕事の内容はどういったもので、仕事の大変さについて紹介します。

仕事の内容

仕事内容は色々ありますが、原価や工程や安全や品質の管理もします。

原価管理

原価管理とは、予算の管理のこと。計画などをもとに算出した実行した予算と実際の工事で使用した原価を管理していきます。

実行した予算と差が生じた際には、施工の見直しや協力業者の変更したりして、適切な利益を確保するように努める。

工程管理

工程管理とは工期を守るために、現場全体の日程とそれぞれの工事のスケジュールを管理することを指します。

安全管理

安全管理は建設現場で事故なく安全な環境で作業が行えるように、現場の環境を整備することです。そのために建設現場では、KYK(危険予知活動)を行い、整理や整頓や清掃や清潔や躾の頭文字をとった5S運動を実施し、ヒヤリハット運動を行い、協力業者や各職人を集めて安全に対して意識や知識を高め、定期的に安全大会を実施しています。

品質管理

品質は設計の通りの寸法とか強度、機能、材質などの品質を満たしているか、チェックをします。

仕事の大変さ

現場監督の仕事の大変さはどのくらいなのかというと、現場によってかなり差があります。忙しいところだと毎日、会社に泊りで、寝る暇もない時もある。

比較的に楽な現場だと20時には終えることができます。残業0というのは基本的にないかな~!なぜなら職人さんの作業時間がだいたい8時間だから、作業の開始前確認と、作業の終了後確認が必要になるからです。

たいていの現場は8時に朝礼して、17時過ぎまでは、現場の作業します。なので、必然的に出勤時間は7時頃に、帰る時間は早くても18時以降になります。

現場の作業が終了してから日中できなかった次の日の準備をするので、帰りも遅くなり、帰りは19時~20時頃です。

土曜日はだいたい出社で、忙しいところだと日曜や祝日も出勤になります。残業のお金が、きっちり出る会社だと、少し多めに稼げるので、給料を多めに得たい人には向いてると思います!
 
   \クリック/
 
 

まとめ

これから土木の現場監督さんになりたい方や興味ある方、これから現場監督になりたい人、現場の仕事の内容や大変さについて紹介しました。

 

仕事の内容は、原価や工程や安全や品質管理です。

仕事の大変さは、だいたい、3時間ほどの超勤はありますが(時期とか現場による)土曜日は基本的に出勤です。
内容は色々あり、仕事の大変さも多いですが、その分様々な成長ができる仕事でもあります。
 
 

-土木を知る, 土木全般